石橋商店街は戦前、阪急電鉄石橋駅(現在の石橋阪大前駅)完成より、
店舗数が増加し、今のような商店街へと発展してきました。

現在は、飲食店・小売りを中心に、約300の店舗が約250mの距離に所狭しと立ち並んでおり、
近隣に在住する様々な年代の方がお買い物に訪れています。

今後も商店街として、新たな魅力を創出していきたい。
でも、商店街だけでは、実現できないことがたくさん。

だからこそ、石橋商店街では学生の皆さんとのオープンイノベーションを進めていきます。

”ちょっとワクワクする商店街”を目指して、学生の皆さんからの
”こんなこと商店街でやってみたい!”
”商店街であんなことチャレンジしてみたい!”

そんなお問い合わせを心待ちにしています。

                                                

この取り組みは、「TEAM EXPO 2025」プログラムが定める、「共創チャレンジ」の取り組みにも登録されています!
共創チャレンジの取り組みはコチラ!
学生×石橋商店街でオープンイノベーション~実証実験の街・石橋へ~